公益財団法人トヨタ財団

HOME  >  トヨタ財団について  >  トヨタ財団の沿革

トヨタ財団について

トヨタ財団の沿革

沿革年表

2013年4月 アジア隣人プログラムを国際助成プログラムと改称
2012年4月 地域社会プログラムを国内助成プログラムと改称
2011年10月 「東日本大震災対応」特定課題開始
2011年6月 奥田碩会長就任
2010年6月 「トヨタ財団ビジョン2010」を制定
2010年4月 公益財団法人へ移行
2009年7月 広報誌「JOINT」刊行
2009年4月 アジア隣人ネットワークプログラムをアジア隣人プログラムと改称
2008年10月 ビジョン懇話会設置
2007年3月 遠山敦子理事長就任
2005年4月 アジア隣人ネットワークプログラム開始
2004年4月 地域社会プログラム開始
2003年4月 「アジア隣人ネットワーク」サブプログラム開始
1998年7月 共催事業「漆で描かれた神秘の世界――中国古代漆器展」東京国立博物館で開催
1998年7月 豊田達郎会長、木村尚三郎理事長就任
1996年4月 市民社会プログラム開始(2003年度で終了)
1995年4月 東南アジア研究地域交流プログラム(SEASREP)開始
1995年1月 設立20周年記念国際シンポジウム「21世紀アジア太平洋の文化の課題」開催
1994年9月 設立20周年記念事業「海のシルクロード――チャンパ王国の遺跡と文化展」開催
1993年12月 メセナ特別賞(企業メセナ協議会)を「隣人をよく知ろう」プログラムが受賞
1990年12月 会長・理事長制に移行。豊田英二会長、飯島宗一理事長就任
1988年4月 市民活動助成開始(のちに市民社会プログラムへ発展)
1987年9月 公開シンポジウム「タイ美術史――寺院壁画と石造建築を中心として」開催
1986年4月 活動記録助成開始(のちに市民活動助成へ発展)
1984年10月 設立10周年記念国際シンポジウム「これからの民間助成財団」開催
1980年2月 設立5周年記念事業「街と建物―― 明治・大正・昭和」全国巡回報告会開催
1979年10月 「身近な環境をみつめよう」研究コンクール開始(97年度で終了)
1979年8月 設立5周年記念ワークショップ「アジアの子供劇場」開催
1978年10月 「隣人をよく知ろう」プログラム翻訳出版促進助成開始(2003年度で終了)
1976年4月 国際部門助成開始(のちの国際助成、東南アジア国別助成プログラム(2004年度で終了))
1975年4月 研究助成開始
1974年10月15日 財団設立(主務官庁:総理府)。豊田英二理事長、林雄二郎専務理事就任

このページの先頭へ

このページのトップへ