公益財団法人トヨタ財団

トップ  >  その他のプログラム  >  社会コミュニケーションプログラム  >  イベント等のお知らせ  >  シンポジウム「かながわのStaRT すべての性暴力被害者のために」が開催されます(社会コミュニケーションプログラム)

イベント・シンポジウムのお知らせ

シンポジウム「かながわのStaRT すべての性暴力被害者のために」が開催されます(社会コミュニケーションプログラム)

情報掲載日:2015年2月4日


プログラムコミュニケーションプログラム

2015年2月7日(土)、アートフォーラムあざみ野(横浜市)において、「かながわのStaRT  すべての性暴力被害者のために」と題したシンポジウムが行われます。

このシンポジウムは、2013年度社会コミュニケーションプログラムの助成対象プロジェクト「地域を基盤とした包括的な性暴力被害者支援体制の構築に向けて――情報発信・支援者養成・意識啓発を中心に」(代表者:棟居徳子氏)によって開催されます。

本 プロジェクトは、2011年度研究助成プログラムの助成対象プロジェクト「包括的な地域型性暴力被害者支援体制の構築に向けた研究――神奈川県における取 り組みを題材に」の成果を踏まえ、地域の関係機関と連携しながら、被害者のニーズに即した支援体制の構築、また、支援者の養成を進めることを目的としてい ます。昨年は『性暴力被害  サバイバーと支援者のためのリファーラルガイドブック――神奈川県内の社会資源一覧』を発行し、さらに、医療関係者・支援者を対象とする研修会などを実施 しました。今回のシンポジウムは、これらの取り組みを総括して開催されるもので、広く一般の方々を対象としています。

シンポジウムでは、 4名の専門家(ジャーナリスト、行政、NPO、弁護士)が登壇し、それぞれの立場から、性暴力被害の実態と、私たち一人一人ができる被害者支援についてお 話しされます。また会場では、関連企画として、フォトジャーナリスト、大藪順子氏による写真展「プロジェクトSTAND:立ち上がった性暴力被害者達」も 開催されます。ぜひ併せてご覧ください。

詳細については、画像をクリックしてPDFファイルをご覧ください。
当該助成プロジェクトの概要は、「助成対象検索ページ」より「棟居 徳子」と入力して検索してください。

このページのトップへ