公益財団法人トヨタ財団

トップ  >  その他のプログラム  >  社会コミュニケーションプログラム  >  イベント等のお知らせ  >  ワークショップ「アジアの水の未来を考える―環境、人、技術からの展望―」が開催されます(社会コミュニケーションプログラム)

イベント・シンポジウムのお知らせ

ワークショップ「アジアの水の未来を考える―環境、人、技術からの展望―」が開催されます(社会コミュニケーションプログラム)

情報掲載日:2014年10月21日


プログラムコミュニケーションプログラム

画像をクリックするとPDFファイルが開きます

2014年10月31日(金)に、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)にてワークショップ「アジアの水の未来を考える―環境、人、技術からの展望―」が開催されます。
本イベントは、2013年度社会コミュニケーションプログラム助成案件「アジアの共生社会を紡ぐ日本の国際協力NGO〜私たちが訴えたいこと、共有したいこと〜」の企画の一環として、助成対象者による分科会「アジアの未来への展望NGO協議会 水グループ」が主催するものです。
アジアの水問題の深刻さ/複雑さを体感してきた国際協力NGOが集い、企業関係者、学識経験者や専門家に加え、広く若者、市民に呼びかけて実施されます。少人数のワークショップ形式で、異なる経験、異なる立場を持ちより、アジアの水の今と今後について語り合います。


<開催要領>
【日 時】2014年10月31日(金)14:00-17:15 ワークショップ
17:15-18:15 交流会(軽食・ドリンク付)
【対 象】どなたでもご参加いただけます。
特に、アジアの水の問題に関心のある企業、NGO、市民を歓迎いたします。
【会 費】無料(交流会への参加には300円かかります。)
【定 員】30名(末尾をご覧の上、事前申し込みにご協力下さい。)
【会 場】地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)http://www.geoc.jp/
東京都渋谷区神宮前5-53-70国連大学ビル1階

●報告者(あいうえお順)とテーマ
石山民子/アジア砒素ネットワーク
〜アジアの砒素汚染村で安全な水の確保を考える
土井利幸/メコン・ウォッチ
〜河や自然の豊かさを脅かさない開発を考える
三柴淳一/FoE Japan
〜水を守る一歩として森を守ることの大切さを考える

●ファシリテーター
八木亜紀子/開発教育協会(DEAR)

【主 催】アジアの未来への展望NGO協議会 水グループ
【助 成】公益財団法人トヨタ財団
【交流会協力】森の酵母 パン・オ・スリール

【お申込方法】
以下のアドレスに、必要事項をお書き込みの上、事前申し込みをお願いいたします。
forest(@)foejapan.org *( )を外して送信してください。
お名前:
ご連絡先:
ご所属:
ご関心のあるトピック、課題:
       
詳細につきましては、画像をクリックしてPDFファイルをご確認ください。
当該助成プロジェクトの概要は、「助成対象検索ページ」より「伊藤 道雄」と入力して検索してください。

このページのトップへ