助成応募案内FAQ

それぞれの助成プログラムのFAQを集めました。申請する前にお読みください。

お問い合わせ先

Tel:03-3344-1701 Fax:03-3342-6911  当サイト「お問い合わせフォーム」
住所:〒163-0437 東京都新宿区西新宿2丁目1番1号 新宿三井ビル37階 
公益財団法人トヨタ財団「研究助成プログラム」

研究助成プログラムに関するご質問

q 自分の研究は、助成の対象となりますか。
a まずは募集要項をよくお読みいただき、プログラム趣旨をご理解いただいた上、ご自身で応募を検討してください。助成対象となる研究は、趣旨に則った応募案件のなかから、選考を経て、決定されます。

このページの先頭へ

q どのような費目が助成対象となりますか。
a 当該研究に必要な経費です。具体的には、謝金、委託費、旅費、通信・運搬費、機械・器具・備品費、資料・複写費、消耗品費、印刷・製本費、借料・水道光熱費などです。
※ 応募者が所属する組織の間接経費、一般管理費、オーバーヘッド等は助成の対象になりません。大学についても同様です。

このページの先頭へ

q 組織に属していませんが、応募は可能ですか。
a 可能です。

このページの先頭へ

q 過去の助成対象者なのですが、再度、応募することはできますか。
a 助成プロジェクトの代表者、または参加者は、助成期間終了後、新たなプロジェクトを企画し、次年度以降の本プログラム、あるいは当財団の他のプログラムに応募することが可能です。この場合、通常の選考に加えて、報告書類の内容や当財団主催の報告会・検討会などでの報告を踏まえた、助成プロジェクトの実施状況や結果に対する当財団の評価などを併せ、助成の可否が決定されます。

このページの先頭へ

q 複数の枠組みへの応募は可能ですか。
a 可能です。ただし、採択に至る場合でも研究者の負担を考慮して1つの枠組みでの採択のみとなると思われます。

このページの先頭へ

q 共同研究メンバーとして複数のプロジェクトへ参加し、応募することは可能ですか。
a 可能です。ただし、主体的にプロジェクトに参加する方のみをメンバーとしてご記入ください。実体のない名義貸し等は認められません。

このページの先頭へ

q シンポジウムや会議などイベントに対する助成は可能ですか。
a シンポジウムや会議など、イベント開催のみを目的とした助成は行っておりません。ただし、プロジェクト全体の活動の中で必要な場合は、個別に認められることもあります。

このページの先頭へ

q 出版に対する助成は可能ですか。
a 出版のみを目的とするものへの助成は行っておりません。ただし、研究全体の中で必要な場合は印刷・製本費としての計上が認められます。

このページの先頭へ

q 送金は、2年間の助成の場合であれば4回に分けて送金されるとのことですが、これは助成決定額を4分割して4回に分けて送金するという意味でしょうか。
a その通りです。一回当たりの送金額は必ずしも助成金額の均等な4分割である必要はなく、採択後、助成対象者の指定した配分に従って送金可能です。 ただし、助成金額は選考委員会において査定された金額となります。

このページの先頭へ

q 参加メンバーが変更となる場合には、どのようにすればよいでしょうか。
a 採択後、計画変更願をご提出いただきます。応募の段階で分かる範囲で構いませんので、できる限り具体的にご記入ください。

このページの先頭へ

q 私は日本国外に住む外国人なのですが、研究助成プログラムへ応募することはできますか。
a 研究助成プログラムは、共同・個人研究の両方において代表者やメンバーの国籍、居住地、所属などの制限を設けておりません。

このページの先頭へ

q プロジェクトスタッフや研究者への人件費は助成金に計上してもよいのでしょうか。
a 研究助成プログラムでは、プロジェクト代表者およびプロジェクトメンバーへの人件費(給与)は賄えません。プロジェクトチーム外の作業補助者等への謝金は支給できます。費目一覧のうち、諸謝金は個人を対象とし、委託費は外部の専門業者や機関に委託する経費となっています。

このページの先頭へ