公益財団法人トヨタ財団

トップ  >  国内助成プログラム  >  2015年度  >  イベント等のお知らせ  >  アートレジデンシーを体験し、学ぶ、人材育成ワークショップ「みんなの里山で遊んで、学ぶ」開講(国内助成プログラム)

イベント・シンポジウムのお知らせ

アートレジデンシーを体験し、学ぶ、人材育成ワークショップ「みんなの里山で遊んで、学ぶ」開講(国内助成プログラム)

情報掲載日:2015年6月15日

画像をクリックするとPDFファイルが開きます

2015年7月1日〜9月末にかけて群馬県藤岡市鬼石と埼玉県神川町の神流川流域の「かんな」地域にてアートレジデンシーを体験し、学ぶ、ワークショップが開催されます。

アートレジデンシーは、アーティストを一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながらの作品制作を行なう事業です。

かんなでは、現在アート活動によるまちづくりを進めており、「鬼石夏祭り」から「かんな秋のアート祭り」までの期間に18か国から30名のアーティストが滞在します。この間に
実際の運営を体験、学ぶ場として本ワークショップが開催されます。

本ワークショップは、2013年度国内助成プログラムで助成を実施している「過疎の資産を宝に変える―かんな若手定住促進計画」(代表:佐山吉孝氏・D13-L-0023)の一環で開催される取り組みです。
当該プロジェクトの概要は、「助成対象者検索ページ」から「かんな若手定住促進計画」と入力して検索してください。

このページのトップへ