公益財団法人トヨタ財団

トップ  >  国内助成プログラム  >  2014年度  >  イベント等のお知らせ  >  アートレジデンシーを体験し、学ぶ「人材育成ワークショップ」開講(国内助成プログラム)

イベント・シンポジウムのお知らせ

アートレジデンシーを体験し、学ぶ「人材育成ワークショップ」開講(国内助成プログラム)

情報掲載日:2014年4月24日

2014年7月7日〜9月末にかけて古い宿場町・鬼石を中心に、豊かな自然に恵まれた神流川流域「かんな」にてアートレジデンシーを体験し、学ぶワークショップが開催されます。

アートレジデンシ―とは、「国内外のアーティストが1週間から1ヶ月、あるいは数ヶ月間、ある地域に滞在し、その土地固有の文化や風土、人々の暮らしに触れながら創作し、作品を発表し、地域の人々と相互に交流を深める活動です。日本では余り事例がありませんが、世界の各地では近年、とても盛んになっている若者の文化交流」(ちらしより)です。

こうしたアートレジデンシーを企画、運営、実施する担い手の育成を目的として今回の「人材育成ワークショップ」が開講します。

本ワークショップは、2013年度国内助成プログラムで助成を実施している「過疎の資産を宝に変える
―かんな若手定住促進計画」(代表:佐山吉孝氏・D13-L-0023)の一環で開催される取り組みです。


ワークショップ概要:

募集:2014年4月1日〜6月6日
実施期間:2014年7月7日〜9月末
受講料、宿泊費は、無料!交通費、食事代のみ自己負担。
その他詳細はちらしをご覧ください。

当該プロジェクトの詳細は、「助成対象者検索」ページから「D13-L-0023」で検索してください。

このページのトップへ